キャッシングで借りる

銀行系の会社で取り扱われているカードローン

具体的には、銀行系の会社で取り扱われているカードローンとなります。
例えば銀行系の会社には、“三菱東京UFJ銀行”、“みずほ銀行カードローン”、“新生銀行カードローンのレイク”、“三井住友銀行”、“住信SBIネット銀行カードローン”といったものがあります。
つまり、こういった場合は銀行からキャッシングをすることになりますから、総量規制が適用されないというわけです。
しかし、銀行系のカードローンを利用するとなると、消費者金融と比べて審査に合格しにくいといったデメリットがあります。
その代わり、銀行系のカードローンには、他からもキャッシングを行なっている場合、それを1つにまとめることができるといったものも存在しますから、このようなものの利用についても考えてみる価値はあります。
つづいて、総量規制が適用されないケースについてのお話をしていきたいと思います。
それには、除外、例外と呼ばれるものがあり、そのことについては、日本貸金業協会のホームページに書かれています。
そこのホームページを詳しく見てみると、除外となるものには、家のローンや車のローンが記載されており、また例外となるものには、思いがけないことで医療費として20万円がかかってしまうといった場合等において利用者自身が返済できると判断されることによって、例外としてキャッシングを行なうことができるといったものになります。
最後にまとめとしまして、ある程度大きな金額をキャッシングしようとする際は、総量規制が適用されない銀行からキャッシングを行なうのが1番良いことのように思えます。
確かに総量規制が適用されないことで、多くのお金をキャッシングすることが出来ますが、そのためには審査を通らなければならなく、問題はその審査であり、消費者金融と比較して、非常に厳しいものとなっています。
その分銀行においては、他からもキャッシングを行なっている方に向けて、他からキャッシングをしたものを1つにまとめることができるといったカードローンが存在していますので、それを利用されることを考えてみても良いかと思われます。
それに対して、2、3日程でキャッシングを行ないたいといった場合には、総量規制は適用されてしまいますが、アコム、プロミスといったように消費者金融を利用された方が良いとも言えます。
このように、自分が今どれぐらいのお金があれば良いのかといったことや、返済のスケジュールを立てることによって、銀行系の会社でキャッシングを行なうか、それとも消費者金融でそれを行なうのかを決めていくと良いでしょう。