お金をすぐに借りるには

総量規制

キャッシングをする時に考えなければいけないものに、総量規制があります。
総量規制を簡単に説明すると、1年間の収入の3分の1以下までしかキャッシングを認めないとするものです。
ですが、時には200万円、300万円といったキャッシングをしなければならない時も考えられます。
本記事においては、総量規制についてもう少し見ていくとともに、銀行系の会社や消費者金融において、総量規制が適用されないものについてのお話をしていきたいと思います。

 

まず、前述の通り、総量規制というものは、利用者の1年間の収入の3分の1以下までしかキャッシングを認めないとするものです。
仮にある利用者が1年間に450万円の収入を得ていたなら、150万円までしかキャッシングをすることが出来ないということになります。
ここで、確認しておきたいのは、ここでいう1年間の収入には、給料は勿論のこと、家を貸している方であれば、毎月入ってくる家賃もその中に入っているということと、1年間の収入の3分の1に満たない時であっても、キャッシングする金額が50万円からは所得を証明出来る書類を求められることです。
次に、皆さんに質問したいのですが、前述のような1年間の収入が450万円といった方が、150万円を超えるキャッシングをしようとして、甲社から50万円、乙社から50万円、丙社から51万円のキャッシングを行なうということは可能だと思いますか?
結論をいうと、これは不可能です。
これは、総量規制というものはあくまで各々の消費者金融においての合計のキャッシング金額について、制限しているので、それを超えてしまうとアウトとなります。
では、どうしても1年間の収入の3分の1を超えるようなキャッシングをしたい場合はどのようにすればよいのでしょうか?
それは、総量規制が適用されていない会社を選択すれば良いことになります