お金借りるには?

お金が足りなくなって困り果てた時は、どうしますか?

突然ですが、あなたは、お金が足りなくなって困り果てた時は、どうしますか?
インターネット上でキャッシング出来る会社を探すといったことも1つの手でしょう。
そして借りるからには、きちんとした会社から借りたいものです。
過去にこういったことをされたことがある方ならば、総量規制というものを見かけたことがあるかと思われます。
そこで、本記事では、“総量規制とはどういったものか?”、またそれを理解した上で“総量規制の適用外”についてのお話もしていきたいと思います。
では早速、総量規制について見ていきたいと思います。
総量規制とは、端的に言ってしまえば、“消費者金融等のお金を貸す側が利用者自身が返済できなくなるぐらいのお金を貸してはならない”といった法律になります。
ここで意味する返済できるお金とは、利用者の1年間の収入の3分の1までのことを指しています。
仮に、ある方が1年間に300万円の収入を得ているならば、その方は100万円を超えるキャッシングは出来ないことになります。
これだけを見たら、“では他のところからキャッシングすれば良いのでは?”と思われるかもしれません。
ですが、総量規制が適用されるとそういうわけにはいきません。
例えば、甲社、乙社、丙社の3つの会社においてキャッシングを行なおうとした場合を考えると、これら3つの会社合わせた金額が1年間の収入の3分の1を超えてはならないとされているからです。
ここまでの話を聞くと、総量規制とはいうのはあまり良くない制度だと思われるかもしれません。
ですが、総量規制を適用することにはきちんと意味があるのです。
それは、“多重債務者”の数を増加させないといったことであり、この多重債務者とは、あらゆる会社からキャッシングを行なってしまうことによって、お金を返していくだけで手一杯になってしまっている方を指します。
確かにキャッシング、ローンを組むこと自体はそんなに悪いことではなく、きちんと考慮した上で利用することにより、生活も楽になることでしょう。

ところが、的外れな利用をしてしまうと、後から困り果ててしまうことも考えられます。
ですから、キャッシングやローンを組む際には、それらについてきちんと勉強した上で、行なうようにして下さい。