お金借りる方法は?

高額医療費の貸付けや有価証券担保ローン

その他にも高額医療費の貸付けや有価証券担保ローンが該当します。
つづいて、例外の貸付けについても見ていきたいと思います。
これは、1年間の収入の3分の1以上のキャッシングを行なっている場合であっても、キャッシングが出来るといったものです。
ただし、これは返済可能ということを会社側で認められた時に限ります。
これに該当することとしては、借金の借り換え(ローンの一本化)や、または急に病気になったことで入院することになり、その際に支払わなければならない料金等が挙げられます。
つまり、ローンの一本化は、利用者側にとって良いものでありますから、3分の1を超えていてもキャッシングができ、また病気等も緊急を要するため出来るものとされています。
最後にこれまでのことをまとめると、総量規制が適用されることにより、借りることが出来ないケースとしては、利用しようとしている人が毎月きちんと収入を得られていない、もしくはすでに収入の3分の1以上キャッシングを行なっている、以上2つのいずれかに該当する場合となります。
逆に総量規制が適用されないため、借りることができるケースとしては、除外、例外それぞれの貸付けというものがあり、前者は住宅ローンを利用、自動車ローンの利用等が挙げられ、これらのローンにおいては、総量規制におけるキャッシングにはカウントされません。
一方、後者については、利用者側にとってよいものとなるローンの一本化や急に入院を要することになった際に支払う料金等を挙げることが出来ます。
繰り返しになりますが、総量規制というものは、利用者を保護するためのものであって、決して縛り付けるものではありません。
万が一のことで、お金を要することになって、たとえその時に総量規制以上のキャッシングを行なっていたとしても、前述のような除外・例外というものも存在しますから、それらに該当しないか確かめてみると良いでしょう。
頭から無理と決めつけないことです。