お金借りる

「お金借りる!」と決めた派遣社員がスムーズに在籍確認する方法



プロミス 今日 借りる

 

本記事は、派遣で働いている方がキャッシングを行なう上で気を付けたいことの1つである在籍確認についてお話していきたいと思います。
派遣として働いていて、キャッシングを行ないたいと強く希望されている方の為になる内容となっております。
まず、キャッシングを行なう際の条件として、利用者が未成年ではないこと、また毎月きちんと収入を得られていることといった2つが存在します。
これらのことから、派遣で働いている方であっても条件は満たされています。
よって、数あるキャッシング会社において多少条件面で異なる部分がありながらも、キャッシングを行なうことに関してはまず、支障はないものと言えます。
つづいて、派遣で働いている方であってもキャッシングを行なえるというのは前述の通りですが、実際にお申し込みを行なう際に気を付けて頂きたいポイントがありますので、このことについて御紹介したいと思います。
それは結論から言ってしまうと在籍確認ということになり、正社員等の就業形態と比べて派遣という就業形態の場合は、それが若干ややこしいものとなっていることで、在籍確認に関しては気を付けなければならないと言えます。
では、なぜ派遣に限って在籍確認に関して気を付けなければならないかというと、それは現在の社会情勢にありまして、具体的には個人情報を外部に漏らしてはいけないという問題から、派遣業務を行なっている会社の中にも、自社の社員に関する情報を外部に漏らすことが出来なくなっている会社も存在し、そうなってしまうと、在籍確認を行なうことが不可能となります。
こういったことを起きないようにするためには、前もって自分は派遣で働いているということを会社側に告げることによってそのようなトラブルを防ぎやすくなりますし、もしくはお申し込みの際に実際の勤務先となっている場所の電話番号を併せて伝えるのも非常に有効な方法と言えるでしょう。


 

 

ここまで在籍確認の際に気を付けたい点についてお話してきましたが、次に派遣で働いていることは隠しておきたい、もしくは在籍確認そのものが億劫だと感じている方に向けて、勤務先に電話をされることなく、在籍確認が行なえる方法をついて見ていきたいと思います。
そもそも在籍確認というものは、利用者がキャッシングの申し込みの際に提出した書類に書かれている会社で本当に勤務しているか否か等を確認することが目的であります。
したがって、電話以外の方法として有効なのは書面上での確認ということになり、このことに利用出来る書面としては、利用者が働いている会社の給与明細、会社の保険証、会社の身分証明証、前年の源泉徴収等が一般的となっていますが、それらの書面に関しては、キャッシングを行なう会社によっては必要とされるものが異なることもありますので、予め御確認下さい。
実際の流れとしては、WEBでお申し込みを行なった後に、きちんと在籍確認の電話をしないでほしいことを電話かメールにてキャッシングを行なう会社側と相談することになります。
相談後、会社側から提出しなければいけない書類を含め、今後行なわれることについての説明があるかと思われます。

 



























































































最後にこれまでのことをまとめていくと、キャッシングを行なう際の条件面から派遣で働いてらっしゃる方であってもキャッシングを行なうこと自体は何の問題もありませんが、ただ、その際の審査に関して気を付けなければいけないこととして、在籍確認があります。
この在籍確認の電話は登録した会社に対して行なわれることになっており、その会社次第では個人情報を漏えいさせてはいけないといったことから、在籍確認が行なえないといったケースも想定されます。
そのようなトラブルを防ぐ為には、キャッシングのお申し込みの際に自分は派遣で働いているということをお申し込みを行なった会社に告げることによって可能となりますし、場合によってはお申し込みの際に実際に働いている場所の電話番号を伝えておくのも有効な手段かと思われます。
このように現在は、個人情報に関してはかなり厳重に扱わなければいけないという風潮になっていて、それは派遣業務を行なっている会社も例外ではありませんので、派遣で働いている方でキャッシングを考えているならば、今回のことについては十分気を付けて下さい。
ちなみに今回のようにキャッシング会社に自分が派遣で働いている旨を伝えたとしても、審査の際にマイナスになるようなことはありませんので、そのような心配は無用です。

プロミスレディース


銀行の教育ローンで教育資金を準備できる!

 

入学や進学となる春という季節は、入学金・授業料などの教育費が多くかかってきて、家計のやりくりを考えなくてはいけないときですよね。

 

子どもが小さいうちから、お金を積み立てておくなど、教育資金を準備しておきたいと誰もが思っていると思いますが、計画したように貯金できるとも限りません。

 

そんなときに教育資金の準備を助けてくれるのが、奨学金や公的資金です。

 

ただ、これらの他にも金融機関で扱っている教育ローンを利用するというのも1つの方法ですので、ここで紹介していきたいと思います。

 

教育ローンは、大手の銀行などの金融機関が扱っています。

 

融資額や融資期間、金利はそれぞれの金融機関によって異なりますが、少なくても300万円から融資を受けることができるので、教育資金が不足している場合には助けになると思います。

 

銀行の教育ローンは、住宅ローンを利用していたり、カードローンを契約していたりする場合に、金利が優遇されるというケースがあります。

 

例えば、イオン銀行のカードローンを契約している方が教育ローンを申し込むと、基準金利よりも年0.9%引き下げてもらうことが可能です。

 

また、銀行によっては期間限定のキャンペーンを実施することもあるので、そのキャンペーンの時に教育ローンを申し込めば、通常の金利よりも低い金利でローンを組むことができるというメリットもあります。

 

銀行の教育ローンの他には、国の教育ローンがあります。

 

国の教育ローンには、扶養する子どもが2人の場合は、世帯の年間所得が給与所得者の場合で、890万円以内というような、子どもの人数に応じての所得制限があるというのが特徴です。

 

この条件を満たせば教育ローンに申し込むことが可能になります。

 

また、勤続年数などの特定の要件をクリアした場合には、上限が給与所得者で990万円まで緩和されるというシステムもあります。

 

国の教育ローンは、学校でかかる費用(学校納付金)の他にも受験費用、在学のための居住費、教科書などの教材費などを目的としても利用することが可能です。

 

金利は、銀行の教育ローンに比べると割安といえるかもしれませんが、連帯保証人が以内場合には保証料がかかってきてしまうということがデメリットです。

 

保証料は、融資額が100万円で返済期間が5年の場合、元金据え置き措置期間で26,035円となっているので、少々高いと感じられるかもしれません。

 

また、国の教育ローンと銀行の教育ローンには大きな違いがあるので、紹介しておきます。

 

1番大きな違いというのは、審査にかかる日数です。

 

国の教育ローンは、審査にかかる日数が最短で5営業日で入金までには最短で2週間かかってしまいます。

 

銀行の場合には、申し込みした当日に審査結果が分かるという場合もあるので、審査期間が大幅に違うのです。

 

入学金をすぐに振り込まなくてはいけないような場合には、審査に時間のかからない銀行の教育ローンを利用するといいと思います。

 

また、国の教育ローンも銀行の教育ローンも、後からキャンセルすることができるので、あらかじめ両方とも申し込んでおいて、必要なければキャンセルするというような方法もあります。

 

この2つ意外に教育ローンを扱っているところとしては、損保ジャパン日本興亜クレジットやオリコなどの信販会社やJAバンクがあります。

 

信販会社の教育ローンは、国の教育ローンよりも入金が早いものや銀行の教育ローンよりも金利が低いものがあるので、よく調べてから申し込みをするといいと思います。

 

教育ローンの申し込みには、金利に目が行きがちですが、それ以外にも来店しなくても申し込みができることや元金返済措置期間があるものを選ぶなどするといいと思います。